闇金の見分け方

全国にある消費者センターの情報によれば、ヤミ金被害に対する相談件数に変化はないようですが、中味を見ると債務者の生活を破壊してしまう、かつての様な過酷な取り立てをする闇金業者が増えているようです。

 

大阪の老夫婦ら3人が心中した平成17年の事件は社会を震撼させました。
これは、闇金による過酷な取り立てが原因でしたが、これにより闇金問題が社会に認知され、警察により闇金業者が全国各地で摘発されたことにより沈静化しました。

 

しかし、実際は闇金業者がいなくなったわけではなく、形態を変えて厳しい取り立てをしないソフト闇金と呼ばれるヤミ金業者が多くなりました。

 

それに加え、平成24年ころから、過酷な取り立てを行う以前の闇金業者が再登場してきました。
ヤミ金業者の一般的な取り立て方法は、借金した被害者の家族、親戚そして職場にプレッシャーをかけて、嫌がらせをして代理返済をさせることです。

 

注文していない出前が大量に届いたり、要請をしていない救急車が来たりすることも。また、職場へ頻繁に督促電話をかけ職場に居ずらくなるように圧力をかけます。

 

ヤミ金被害者は、借金していることを体面上、家族にも秘密にしている場合が多いです。これによりヤミ金業者相手に孤軍奮闘しようとしますが、闇金業者はそこにつけ込んで本人の周囲にいる人に対して代理返済させることを目的に嫌がらせをするのです。

 

これらの恐怖・不安から逃れたくて、借金を返すために借金をする最悪の借金スパイラルに陥る人も少なくありません。
もう1つ、大問題なのが本人が意図しないにもかかわらず犯罪の片棒を担がされることもあります。

 

そのヤリ口は、
返済の遅れや融資の条件により、被害者名義で携帯電話の契約あるいは銀行口座の開設を強要し、その携帯電話および銀行通帳と印鑑を取り上げて、犯罪に利用するものです。

 

裏金融からの勧誘は、さも正規の金融会社であるかのように、あの手この手で誘ってきます。

 

・スマホ検索で見つけた。
・チラシが配布されてきた。
・メールで融資を持ちかけられた。

 

被害者の多くは、あとで借りた相手が闇金業者だったとわかりますが手遅れ。

 

 

ヤミ金かどうかを、見分ける方法ですが・・・、
都道府県から認可された金融会社ならば、貸金業登録番号を店頭や契約書類、広告に表示する義務がありますから当然チラシにも記載しなければなりません。
無ければヤミ金決定ですが闇金業者はニセの登録番号を記載します。

 

もっと言えば、認可を受けた貸金業者が裏でヤミ金をしていたりしますからヒドイいもんです。

 

 

分かり易い判別方法としては、
闇金業者は被害者と直接対応せず、携帯電話を利用して連絡を取り合い、お金のやり取りは銀行口座を
利用します。事務所が無かったり、固定電話もなければヤミ金確定です。

 

ここで、闇金業者と被害者の間で使われる闇金業者の携帯電話や銀行口座は、前述したように別のヤミ金被害者
が強要されて開設されたものです。

 

《サイトトップ》